ブログ

ホーム > ブログ > 船橋市 > 船橋市 O様邸 屋根カバー工事着工

ブログ

船橋市 O様邸 屋根カバー工事着工

2020年11月8日


船橋市O様邸の屋根カバー工事が着工致しました。
今回O様邸の既存屋根がニチハから出ていたパミールを使用されていて塗装をしても層間剥離を起こしてしまう為、屋根をガルバニウム鋼板で屋根カバー工事をする事になりました。
使用材料はディプロマットで施工いたします。
ディプロマットの特徴
・軽量で地震に強い
 ディプロマットは1㎡当たり7kgでストレートの1/3、日本瓦の1/8の軽さです。
 その為屋根が重い場合地震が来た時の揺れ幅が大きくなります。
 ですがディプロマットは軽量の為、地震が来た時の揺れ幅が軽減されます。

・音を和らげる
 屋根材の表面に石粒が付いている為、他の金属屋根と比べて雨が降った時の音を石粒が吸収するので音を和らげます。
 
・自然災害(台風、暴風)に強い
 ディプロマットはインターロッキング工法により暴風などの自然災害に対し、屋根材が建物と一体化する為に秒速80mの暴風にも耐えられます。
 近年台風が毎年強くなっているので、自然災害の備えにもなります。

・8層構造だからできる30年保証
●アクリル表面皮膜
透明アクリル樹脂100%で自然石粒をしっかりと密着させます。

●自然石粒
自然石粒を薬品を使用しないで調色しているため、永年色落ち色褪せはしません。
※石粒が多少落ちることはありますが問題はございません。

●アクリル樹脂ベースコート
防苔剤を含んだアクリル樹脂皮膜。コケやカビの発生を防ぎます。
※北面と南面で多少の誤差は出ます。

●耐蝕化学皮膜
防錆剤入りエボキシ塗料。ジンカリウム鋼板をさらに防錆剤で保護しています。

●アルミ亜鉛メッキ層
アルミ亜鉛メッキされた鋼板は高耐蝕性、熱反射性、耐熱性をあわせ持った“ジンカリウム鋼板”となります。

●保護皮膜塗装
湿気を防ぎ防錆性を高めます。

上記の条件がそろうからできるメーカー30年保証付きなので安心できます。

O様邸の屋根はかなりの急勾配の為屋根足場も設置いたしました。
屋根の作業になりますので安全作業で施工していきます。

施工事例はこちら

ページ先頭へ戻る

表示モード:スマートフォン |