初めての方へ

ホーム > 初めての方へ

初めての方へ

塗り替えが必要な理由

どうして塗り替えが必要なの?

塗り替えが必要な理由 建物は常に厳しい環境条件下にさらされています。塗装されていなければ外壁はすぐに傷みます。風雨や日射など自然環境から建物を保護する際に、塗膜は大きな威力を発揮します。 人間も暑い時に日焼け止めを塗る、雨の日にはレインコートを着る。そうやって紫外線や雨から身を守ります。住宅も同じで、塗装することで劣化を防ぐことが可能です。塗装の平均的な寿命は約10年。 塗装の効力が落ちた状態で使い続けると住宅に更にダメージが重なります。その寿命が伸びれば、コストパフォーマンスは高いものになり、住宅自体の寿命も伸びていくのです。

塗装の効果・メリット

塗装の効果・メリット 外壁塗装には建物の美観を高める働きはもちろん、外壁そのものを保護するという大切な役割があります。 外壁塗装のメリットについては以下のようなものがあります。 ・外観を美しく整える ・外壁を保護し、耐久性や防水性を高める ・塗料の機能によっては断熱効果、遮熱効果、またセルフクリーニング効果などがあります。 外壁・屋根の塗装を行うと、新築時同様の美しい状態を蘇らせてくれます。しかし、重要なのはその機能面にあります。苔や錆を起こりにくくしたり、壁や屋根の強度を強くしたり、更には室内の温度上昇を防ぐ働きがあるものまで存在します。
当店ではそのどれも取扱がございますので、塗装でお悩みの方はどうぞ無料見積もりをご利用ください。

適切な塗り替え時期

住宅が発するヘルプサイン

適切な塗り替え時期 いつも住んでいるととなかなか気づきにくい住宅の劣化。
たまに、ご自宅の周りを歩いてチェックしてみてください。
きっと、どこかにヘルプサインがあると思います。
そのヘルプサインが出たら塗替えのタイミングです。
あなたのお家は大丈夫でしょうか。
ぜひチェックしてみてください。

外壁や屋根の色褪せ

外壁や屋根の色褪せ 外壁塗装の目安になる症状のひとつに、外壁のツヤや色褪せ、変色があります。 新築時はピカピカと輝いていた外壁や屋根も、経年劣化でツヤがなくなり、色褪せたり変色します。毎日見ているとなかなか気付かないものですが、じっくり外壁を見るとツヤがなくなっていたり、遠目から家を見ると色褪せが分かります。 色褪せは塗膜がなくなってきた証拠です。 見た目の劣化だけでなく、放っておくと雨漏りの原因になることも。

外壁の漏水

外壁の種類によって原因は異なりますが、主な原因は外壁の「ひび割れ」や「穴あき」の2点です。 外壁は定期的な塗り替えが必要不可欠になります。塗り替えやメンテナンスをすることで外壁の状態が維持できるのです。経年劣化によって、外壁にはひび割れが起きやすくなっています。ひび割れは時間がたつほど悪化するでしょう。 ひびの幅が大きくなった結果、雨水が隙間から入ってしまうのです。 隙間から雨水が入ると外壁の内部も傷んでしまいます。 また、外壁の「穴あき」も原因の1つになるでしょう。穴あきも雨水の侵入経路になるので要注意です。2階の室内の壁や 天井の崩落などに繋がりますので早めの対策を。

鉄が錆びてきた

鉄が錆びてきた 外壁材そのものは錆びてしまうのではなく、先ほどの金属製の外壁パーツや屋根などから錆の成分を含んだ雨水などが流れてきて、それが非金属の外壁にまとわりついてしまい、そこに錆び付いてしまうのです。 テラスの手すり外部階段なども錆びてきます。 その進行は早く、危険も伴うので早めの対策が必要です。

藻やカビが出てきた

コケやカビは、植物の種に当たる胞子を飛ばして繁殖します。 普通の植物と違い、コケやカビはタイルやコンクリートなど硬い場所でも根を張れるので、外壁でも繁殖できるのです。 コケやカビは手入れが悪いから繁殖するわけではありません。胞子が取りついた場所が繁殖しやすい環境になると、コケやカビは一斉に繁殖するのです。ですから、外壁の状態がコケやカビにとって繁殖しやすい状態になっていれば、たとえ新しい家の外壁でも繁殖するでしょう。建物の北側や、物があり日が当たらない場所などにカビや藻が発生します。放っておくと塗膜の劣化に繋がるので早めの除去を。

ひび割れがある

ひび割れがある モルタルなどの湿式工法による外壁材は、その乾燥過程で水分の蒸発などにより収縮が起こり、それが原因となってひび割れが発生します。 モルタルとはモルタルとは、セメント・骨材(砂)・水を練り混ぜてつくる外壁材料のことで、ペースト状で施工性が良く、仕上材や目地材として多く用いられています。完全に乾燥・硬化させたあと、上から塗装をして仕上げますが、その乾燥過程で水分の蒸発などにより収縮が起こり、それが原因となってひび割れが発生しやすいという特性があります。塗膜の微細なヒビ割れや外壁自体のヒビ割れはありませんか? 微細なヒビでも時間がたつとそこからどんどん塗膜が剥がれていき悪化していきます。

触ると手が白くなる

塗膜が剥がれているため、触るとチョークのような粉が付きます。
チョーキング現象とは、塗装の表面が紫外線や熱・雨・風などによって劣化が起こり、塗料の成分の顔料がチョークのように粉状になって消耗していく現象です。基材の劣化に繋がっていきます。

施工までの流れ

1.まずはお気軽にお問い合わせください

無料お見積もり

2.無料で建物調査とヒアリング

お住まいの劣化の状況を確認、塗装面積などの調査をいたします。
また、お客様から直接、ご要望やお家の状況などもお伺いいたします。
※この時、お住まいの図面などございましたら助かります。

3.お見積りとプランをご提案

3.お見積りとプランをご提案

現地の調査の結果や、お客様のご要望に沿って、最適なプランをご提案いたします。
住宅の場合、お見積りの提出までは約1週間ほどお時間をいただいております。
双方納得の上で、次の段階へ進みますのでご安心ください。

4.契約

工事のプランや、金額、工事期間など、全て納得していただきましたらご契約になります。

5.着工打合せと色決め

5.着工打合せと色決め

工事日程、注意事項などを細かく打合せします。
また、色味の決定もこの段階で行います。
見本帳の中から、お好みの色を選択していただきます。

6.近隣へご挨拶

着工の約1週間前に近隣住民の方へご挨拶に廻ります。工事期間や内容などをご説明いたします。
この時、お客様もタイミングがあえばご同伴をお願いいたします。
必要があれば、諸官庁への工事に必要な許可・提出書類の手続きも合わせて行います。

7.足場の組立・高圧水洗浄

7.足場の組立・高圧水洗浄

ご自宅廻りに、必要な足場の組立を行います。
この時に飛散防止メッシュシートも設置し、近隣住民へのご迷惑が掛からないように安心安全な工事を心掛けています。
また、足場が完成したら高圧水洗浄機などを使用して、施工箇所を中心にホコリや藻を落としていきます。

8.下地補修・シーリング工事・養生作業

8.下地補修・シーリング工事・養生作業

ひび割れの補修やサッシ廻りや外壁の目地など、必要な箇所にシーリング処理を施します。
下地の処理が、完成度の鍵を握りますので丁寧な作業を行います。
また、塗装しない箇所をビニールやテープで覆う作業も行います。
換気扇、玄関扉などは普段と変わらずお使いいただけるように施工いたします。

9.外壁(屋根)の下塗り・中塗り・上塗り

9.外壁(屋根)の下塗り・中塗り・上塗り

当店の塗装は3度の塗で完成します。
この3度の塗りで、下地にダメージを与えず、持ちが良く見た目にも美しい塗装になります。
株式会社リフレクトでは有資格者が作業を行いますので、ご安心ください。

10.付帯物の塗装

外壁や屋根といったメインの箇所の作業が完了した後、雨戸・戸袋、雨樋、土台水切など、細かい部分も塗装を施していきます。

11.検査・足場解体

11.検査・足場解体

足場を解体する前に、現場管理者が全体のチェックを行い、必要であれば塗り直しなどを行います。
問題が解決されれば足場を解体します。

12.近隣へご挨拶・アフターメンテナンス

12.近隣へご挨拶・アフターメンテナンス

ご協力いただいた近隣住民の方へ再度ご挨拶に伺います。
また、株式会社リフレクトでは、竣工後がお客様との本当のお付き合いのスタートだと捉え、生活する中で気付いた不具合などが合った場合はご相談いただければ対応するようにしております。
数ある施工店の中から当社をお選びいただいたお客様を大事にしていきますので、小さなことでもご相談ください。

無料お見積もり

簡単お問い合わせ営業時間:9:00~18:00 定休日:なし

ページ先頭へ戻る

表示モード:スマートフォン |